2017年2月27日月曜日

第14回〜自由な学力〜

何のために人は苦労して「学ぶ力」を高めるのでしょうか。





人それぞれ異なるにせよ、最終的には「自分を自由にするため」という理由で括られます。





人はさまざまな制約を抱えています。社会的・経済的・知性的・性格的・感情的・生来的に、何かしらの制約を受けています。学ぶ力を高め、さまざまなことを学ぶことで、少しずつ自分を自由にすることができます。





それが「学力」です。





日常は「学びの事象」で形作られています。無駄な体験や知識は一つとしてありません。勉強は日常に溢れる「学びの事象」ほんの一部であって、むしろそれ以外の事象からいかに多くのことを吸収できるか。それが本当の「学力」を高めます。





それは「自由な学力」と呼べるでしょう。





聡明な人は成長するサイクルを「自由な学力」として自分の中に取り込んでいます。





自分の現状や意見と対立した場合、自己中心的で攻撃的な人は反発を繰り返し、認めたくない意見を論破しようと躍起になります。また、頑なな人は自分の殻に閉じこもって背を向け、自分にはない考え方を拒絶します。





前者は積極的な意思表示であり、後者は消極的な意思表示ですが、いずれも「自分を変えるつもりはない」という意思表示に変わりはありません。せっかく高い学力があっても、同じ場所にとどまり続けようとします。





一方で、「自由な学力」を持つ人は、相反する意見や状況に直面した場合、自分を変化させて前に進もうとします。そのサイクルが確立されているのです。





不自由な人は、自分の限界を自分で決めています。頑なな心で、「自分はこういう人間だから」と宣言して、そこから動こうとしません。それは自分の体を「思い込みの鎖」で縛るのと同じです。





ですから、自分の考えや体験が通じない状況に出くわしたとき、それに反発するか、背を向けるかして、自分を守るのです。それもできなくなると、自分自身をコントロールできなくなり、その場にしゃがみこんでしまいます。





「変わらない強さ」というのは、「今の自分に挑戦する姿勢が変わらない」ということであって、「今の自分のままでいる」ということではありません。時間は人に変化を要求し続けるという現実と向き合い、自分を変えるための方法を探し続ける強さが「変わらない強さ」なのです。





変化の種類は二つだけです。追いつめられて不本意な自分に変化するか、それとも追いつめられる前に望んだ自分に変わるか。その二つの変化しかないのです。





両者を分かつ見えない線。「聡明の境界線」というものがあるとするなら、それは「自由な学力」を持った人々が「自分が望む自分」に変わるために覚悟を決めようと立ち止まった足跡の連なりなのかもしれません。(完)






2017.2.27










2017年1月31日火曜日

第13回〜ゆらぎ〜

——個を確立する。





かたくて取っつきにくさを連想させる言葉ですが、「頑な」になることではありません。





「頑な」とは、自分の体験と考えに全体重をかけて自分は動こうとせず、他者を動かそうとすることです。





自分を変えずに、他人を変える。





他者を変えようという積極的な意思がなくても、自分が変わらないのですから、他者が変わるのを待つしかありません。





当然、他者は自分の思い通りに変わりません。ですから、頑固な心は苛立ちや怒りと結びつきます。怒りは他人を萎縮させ、遠ざけます。「自力」を何倍にも高めてくれる「他力」が離れていきます。





学力は「自力」を高めます。しかし、その学力を俯瞰する学力は「他力」を高め、「他力」を引き寄せます。それは「頑な」から離れ、「ゆらぎ」を習得しているからです。





個の確立に「ゆらぎ」は欠かせません。自分と他者の間や、パブリックとプライベートの間。一見利益が相反する間隔をバランスよくゆらぎます。それはときに「譲歩」と呼ばれることもあります。





学力で自力を高める。その自力を利益が相反する他者やパブリックに還元しようとする視点が「他力」とつながります。自分の軸足を決めて、動いていく。変わらない自分と変化する自分を共存させ、二者間を小刻みに柔らかく動いている状態が「ゆらぎ」です。





その状態では「自分のため」が「相手のため」になり、「相手のため」が「自分のため」になります。「相手を都合良く利用する」ことを考える必要がないので、そこから生じる負の感情の処理にコストがかかりません。自力ばかりを高める学力に執着すると、他者やパブリックとの間でさまざまな問題を引き起こしてしまい、その対処に多大な「人生のコスト」を費やすことになってしまいます。





それは結局、学力を高める当初の目的から大きく外れてしまうことになるでしょう。






2017.1.31








2016年12月31日土曜日

第12回〜徳育〜

学力が「学ぶ力」とするならば、それでは何のために学ぶのでしょうか。





それは自分という「個」を確立するためです。





しかし、一口に「個の確立」といっても、「和」を重んじる日本において「個」は馴染みませんでした。「自分」という存在は集団があって位置づけられるという文化風土の中で育ちながら、「個」を前提とする合理性や論理性を重視する教育を受ける。そういう二律背反的な状況が続いてきました。





その結果、自分が属する集団に応じて周囲に合わせることには敏感であっても、一体どれが本当の自分かわからなくなっています。「周囲に合わせない自分」を「最も自分らしい自分」と考えているようにも思います。





しかし、その自分も周囲があってはじめて成立する自分です。周囲の存在を前提としない「個」とは異なります。





「個」とは何がが判然としないので、子どもという「個でありながら個でないような存在」の扱い方もわからない。日本教育が根本的に抱える問題点は、最終的にこの点に行き着くように思います。





一方で、「個」を前提とした教育により、子どもたちは「個」へと向かっています。しかし、「個」そのものに対する教育がなされていないため、自己中心的で独り善がりな方向へと流れていきやすくなります。





成績さえよければ全て肯定されるという根強い風土も手伝い、学力は小さな自分の現状を維持するためのツールへと追い込まれていきました。





ここで舵を切るのが「徳育」です。古臭くて勉強の役に立たないという印象があるかもしれません。しかし、自己中心に傾いた学力のバランスを取り戻し、「個」を確立する上では欠かせないものです。





バランスのよい学力のもとに人は集まり、「他力」が生まれます。それは「個の確立」を匂わせるからです。「個」は、自分の学ぶ力がいずれ何らかの形でpublicという公共に還元されることを望みます。







2016.12.31






2016年11月30日水曜日

第11回〜学力を鍛える(2)〜

——学力は勉強だけで鍛えるという考えから逃れる。





この言葉の裏側には、「学力は勉強だけで鍛えられない」という本質が潜んでいます。





学校の定期テストで高い得点が取れることと、聡明であることは別の話です。実人生で直面する問題は、答えが決まっている学校時代のテストとは違って、答えは用意されていません。





答えが用意されていない以上、答えを創り出す必要があります。それが「問題解決能力」です。実人生のあらゆる場面で求められる力です。現代のように先が読めない時代であればなおさらです。





それは仕事においても変わりありません。有能な人材の条件として、問題解決能力を挙げない企業はないでしょう。その力はリスクヘッジそのものだからです。





「答えのある問題」を答える力と、「答えのない問題」を答える力は似て非なるものです。前者の力を身につけたからといって、後者の力が自然と得られるわけではありません。受験や就活を勝ち抜くことと、人生を生き抜く力は別です。





「答えを見つける」ことに慣れている人が、「答えがない」状況にシフトしたらどうするでしょうか。





答えを探すか、何もしないか、そのどちらかです。ネットから「自分に合った答え」を探します。





しかし、たとえ「答え」を見つけたとしても、それは「誰かの答え」であって「自分の答え」ではありません。「誰かの答え」を自分に当てはめても、違う人生なのですからズレが生じます。





そのズレによる思いがけない不利な状況を、人は「運が悪い」と表現します。





時代が不安定になればなるほど、教育の投資はリスクヘッジを動機とします。しかし、答えを見つける訓練に傾倒することで、「聡明な判断力」から遠ざかり、多くのリスクを抱え込むという矛盾をはらんでいます。





原因と結果は一対一で対応していない。これが問題解決に必要な視点です。複数の原因が一つの結果を招いています。「複数の原因」を探り、それがどのように結果に影響を与えているのかを判断することで、解決に向けて前進します。





問題は常に発生しています。単に表面化していないだけで、問題の種はいたるところに蒔かれ、ひょんなきっかけで「発芽」します。それが根を生やす前に察知して取り除くのも、問題解決能力のひとつです。





この力の土台は読書習慣です。本は先人が直面した問題解決のプロセスを活字として残したものです。さらに直接対話のコミュニケーション力を高めることで、本の知識を運用レベルにまで引き上げます。





問題解決能力とは「自力」で解決するだけではありません。「他力」を得ることでしか解決できない問題もたくさんあります。「聡明な判断力」とは、本当の意味で「他力」を理解する力ともいえます。







2016.11.30